リンクサイト
萩観光協会
萩の宿・ともえ

 ガラスの個展 

みつば (4/17)

母の草抜きから守り抜いた野良生えのみつば、毎年少しずつ株を増やし食卓に色と香りを添えてくれていました。今年は垣根の下一面に広がり、青々と葉を広げて、小さなみつば畑のようです。うれしい、こうなる日を待っていたのです。遠慮なくたっぷり摘んで、さっと茹でて、シャリシャリ感のあるおひたしを作りました。この香りがなんとも・・・・到来の筍も並んで、春をいただきました。

昨年は鉢植えにしたミニトマトですが、その鉢にペアソンがデイル(スェーデン料理に使う香味野菜)のタネを蒔いてしまったので今年は本格的に畑に、買って来た苗三本、植えました。無事そだちますように。

スズランが咲き始めました。ミヤコワスレも、オダマキも。アマドコロも。白ヤマブキは散り始め、ベルフラワーとエビネランはあと数日で開きそうです。家族のみんながそれぞれ好き勝手に植えた花たちなので、傾向も統一感も無し。あと数種、名前がすぐに出てこない(覚えているのですが、たまに忘れます)山野草も咲いています。小さな庭ですが楽しい場所です。

くろべえ(猫です)は優秀なハンターです。ネズミ、モグラ、トカゲはほとんど毎日。昨日はヘビ。今日はツバメ。いつも逃がしてやるのですが、ヘビだけは見るのも聞くのもいやなので本当に困ります。理沙に手伝ってもらって草むらに帰してやりました。

木々の新芽がきれいです。窓から見える柿の葉はまさに目に青葉・・・です。



猫にも言い分 (4/8)

スェーデンからの客人が明日の早い便に乗るので今日、福岡まで移動いたしました。この九日間、ペアソンとペアソン(父親同士が兄弟なので同じ姓です)は朝から晩まで実によくしゃべりました。子供のころ一緒に遊んだことから今日の政治、宗教問題にいたるまで話題はつきることなく、わたしはずっとスェーデン語のシャワーを浴び続けていました。

下手な手料理をごまかしようも無いので、開き直って日常の我が家の食事を食べてもらいました。最近、スェーデンでは日本料理の店はもちろんのこと、ベトナムやタイ料理の店も多く、アジア民族の食事は健康に好い・・・と人気があるそうです。それにしても九日間は短くなかった、疲れたね・・・と理沙とお茶を飲みました。

でも疲れたのは私達だけではありませんでした。まさか・・・と思いながら確かめると、掛け布団にも毛布にもシーツにも猫のおしっこ。マーキングです。気の毒にペアソンのベットは機嫌をそこねた猫の八つ当たりの的にされてしまいました。洗濯機を何回もまわして、それでもかすかに残るほどの強烈なにおいです。
すっかり静かになった我が家で、ペアソンは猫といっしょに早めに眠りました。



さしすせそ (3/31)

前歯が一本抜けました。さ行とた行の発音に苦労しています。笑うと不気味な顔になるので、できるだけ笑わないように心がけているのですが、つい忘れて笑ってしまいます。

タイミングの悪さこの上なし。スエーデンからペアソンの従弟が今日やってきました。四月九日までの九泊十日の滞在予定です。彼は今回三度目の訪問で、以前すでに京都、広島、長崎、東京、など観ているので、今回は成田から福岡へ飛行機を乗り継いで、まっすぐ我が家へやって来ました。

子供のころからいちばん仲のよい従弟だったそうで、息つく間も無いくらい楽しそうに話しています。夕食の時は英語とスェーデン語、日本語が飛び交っていて、食事がなかなか進みません。

ペアソンは予定どおり窯を焚きました。そして今日窯を開けました。これで安心して従弟と遊べます


超能力アンズ (3/27)

毎年もぎたてのアンズを頂いていた知人宅が新しく建て替えになるので(おそらく庭もつぶれる)今年からジャムが作れなくなる・・・とがっかりしていました。ところが、まあびっくり、植えてから6年、一度も花を咲かせたことの無かった我が家のアンズの木に7個ばかり花が咲きました。

7個のアンズ、無事に大きく育ってほしいと、毎日ながめています。気のせいか、いつもの年より葉の色も濃く、元気そうにみえます。このアンズの木、建て替えになる知人宅から頂いたものです。お母さんアンズの危機を察したのか・・・と偶然に驚いています。

花冷えのなか、フリージア、イチリンソウ、がいつもの年より早くさきはじめました。猫たちはストーブの前です。
 


桜まんじゅう (3/21)

しだれザクラは盛りを過ぎ、ソメイヨシノ、ヤマザクラが開き始めています。今日もお花見の人達が多く、この辺りの空気がざわざわと揺れています。いつも静かな所なので猫も人間も何とはなし落ち着きません。

期間限定、1週間だけのサクラ饅頭があったらいいね、餡は桜色、花びらの形。花の下でお茶でも飲めば、人皆幸せ・・・・と食いしん坊の理沙.
 


クーラーの出番 (3/18)

下関まで行って参りました。高速をクーラーをつけて走りました。今風呂上り、汗ふきタオルを持っています。つい先日まで冬だったのに、この急激な気温の変化には驚きます。

南明寺のさくらも満開を過ぎ、ちらほら散りはじめています。昨日のテレビでこのさくらが紹介されたらしく、朝から夕方まで多くの方がお花見にいらっしたようです。明日は午後からお天気がくずれるそうですから、お花見お急ぎ下さい。

ペアソンはようやく素焼きの窯をたきました。今月末にどうしても本焼きの窯をたく予定だそうです。
 


さくら満開 (3/15)

嵐去り、春の陽気のなか、穏やかに花が開きつつあります。ほぼ満開です。今年はいつもの年よりかなり早い開花です。この南明寺のイトザクラ、昨年より花の数が多く、色も美しいようです。

この数日間が見ごろです、どうぞお出かけください。
 


春の嵐 (3/13)

風速26メートル、ご近所のバケツが飛んできました。野菜を収穫する時のコンテナも坂道を転がって行きます。トレーやプラスチックの袋は空中を飛んでいきます。工房の軒下で乾燥中だったペアソンの湯呑も吹き飛ばされて3個こわれました。

幸いそれ以上の被害は無く、突風は移動していきました。静かになった夕方、猫たちは周辺パトロールにでかけていき、ご近所のおじさんは飛ばされてしまったコンテナを集めて歩いてました。ありました、ありました、なんと4個も。

私もひっくり返った植木鉢を起こしたり、壊れた湯のみの始末をしたり、ちょっとした台風の後のようでした。

台所では淳が特製カレーを調理中、珍しいことです。明日の昼ごはんになるようです。ペアソンがこっそり味見して、わー辛い、と言っています。真夜中の台所です、只今午前0時20分。おやすみなさい。
 


すっきり (3/9)

春がきました。庭では、沈丁花、クリスマスローズ、桜草、シクラメン、パンジースノードロップ、スキラ、スハマソウ、が全開。ムスカリ、ニリンソウも早くも蕾が膨らみ、南明寺のシダレ桜のつぼみも淡いピンク色に染まりつつあります。この季節を待っていました。

今年は(正確には昨年末より)何とはなく身辺せわしなく、一日の終わりにパソコンに向かい、キーを打つことが負担に感じられることがありました。正座して下手な操作を長時間続けると、治りつつある膝が痛むというのも理由の一つ。テーブルでイスに座ってすればいいのですが、そうすると食事ごとにパソコンをかたずけなければなりません。極め付きのめんどくさがりやの私にはイヤなことです。

書くことはあるのに・・・体力、気力がいまひとつ。思い切ってさぼる。次の日もさぼる。そのまた次の日も。でもさすがに・・・と思い、マウスを手にとる・・・いや、さぼるのだ・・とパソコンを音をたてて(わざと)閉じる。ああ、この快感。

無理はやめてさぼること。だいたい、この摩訶不思議なパソコンという器械は何者だ?旅客機のエンジン音のようなこの音(パソコン)も集中力の妨げになるし、やたらと記号、マークのたぐいも画面にならび過ぎる。・・・・・エトセトラ。

罪の無いパソコンを悪者扱いして、あまりにもおとなげないこの一月。さぼる快感も長期にわたると快感ではなく、ただのなまけものだと、ここらでリセット。ただいまイスに座ってこれを書いています。もちろん後片付けはいたします。

3月31日にスェーデンから従弟(昨年の秋に来た従妹とは別の人)が遊びにやって来る予定なので、3月末までに窯を開けようと、頑張っているペアソンです。もうすぐ素焼きです。
 


ここにも・・・・(2/5)

スノードロップが、のぞいてきました。白い蕾もちらほら見えています。スェーデンから持ち帰ったこの花の球根は、最初の数年間は気候、風土の違う萩の地へ慣れるのに一生懸命で、なかなか花を見せてくれませんでした。初めて白い小さな蕾を見たときのうれしかったこと、わけてもペアソンの喜びは特別でした。
以来、毎年少しずつ増えて今年は三十本。一足遅れで咲くスキラも既に三個の芽が出ていました。いつの間に春が動き始めていたのでしょうか・・・。ついでにイチリンソウとニリンソウも観察。なんと緑の芽がニセンチくらい出ていました。

2日前から新しい炊飯器でご飯を炊いています。十年間、我が家のご飯を炊き続けてくれた炊飯器が壊れてしまったので家電機器の店に行ったところ、まあ、びっくり。なんと七万円もする新機種が登場しておりました。もちろん家庭用です。よほどご飯にこだわりをもつ人々のためでしょう。私の買ったのは三万円弱の物。それでも大変おいしくたけています。
 


猫も人間も(1/27)

「よこわ」という魚をお刺身で食べました。最近よく見かけるようになった魚です。どうやら大きくなったらマグロになるらしい・・・と聞いています。なるほど、テレビで見かける築地の市場に並んでいる大マグロの極小サイズです。

萩の沖ではマグロの一本釣りもできるらしく、昨年末には俳優の松方氏が305キロの巨大マグロを釣り上げて話題になりました。見島沖は黒マグロが回遊、滞留する日本有数の好漁場なのだそうです。

大マグロとはとても較べられませんが、この赤ちゃんマグロ、薄切り玉ねぎとポン酢で食べるとさっぱりした美味です。猫もお気に入りらしくポン酢無しを食べています。

今日は本当にひさしぶりにお日様がでて、気持ちのよい一日でした。せんたくものがよく乾きました。窓辺のピンクのチューリップが元気です。
 


走っています(1/23)

ひゅーひゅーと音をたてて風が走っています。今夜から寒波到来とか、先ほどから粉雪も風に乗って運ばれてきて、淳の緑色の車が白くなりつつあります。寒さに弱いベゴニヤの鉢にはダンボール箱をかぶせて、なかなか好いアイデアだと自己満足。

それにしても今年の冬はお日さまの顔をあまり見ないような気がします。桜の花の小皿に和菓子をのせて、気分だけでも春。光りあふれる花の季節を待っています。

明日は理沙のピアノの生徒のコンクールの日です。あまり大雪になりませんように・・・。おにいさん(猫です)の大鼾が聞こえてきます。皆寝静まった午前一時です。おやすみなさい。
 


私のイチゴ(1/10)

ついに理沙もおかしくなりました。でもどうやら私達とは種類の違うウイルスのようで、嘔吐も下痢もなく、関節の痛みを伴う高熱(38・6)です。今日のピアノの生徒さんたちのレッスンは休ませてもらってゆっくりしておりました。

喉がかわくというので、病人の特権で冷蔵庫の中にあったイチゴを洗って、タッパーごと持たせました。その時は理沙だけが発熱していると思っていたので、「全部たべてもいいよ」といってしまった私ですが、あとから居間に出てきた淳も38・2の熱で、そこでイチゴの取り合いになってしまいました。

仲良く半分ずつに分ければ問題がないのですが、この二人、特に理沙は美味しいもの大好き人間で、弟に譲るというような殊勝な考えは持ち合わせておりません。いい大人のイチゴげんかなど・・・・ほんとにお恥ずかしい。

明日はスーパーにイチゴを買いにいくつもりです。「もういりません」と二人に言わせます。ジャンボ宝くじで一万円当たったので、イチゴ資金は充分あります。
このところ、みんなの体調くずれっぱなし。宝くじなどと他力頼みはだめだということかもしれません。早く使ってしまいましょう。
 


一日遅れの七草粥(1/8)

年末に母がウィルス性の嘔吐と下痢になり、当番医にお世話になりました。三が日が明けてようやく回復。次に淳、5日にはペアソン、そして6日には私。今までに経験したことがないほどの感染力。まるでドミノ倒しのようです。最後に残ったのは理沙。今のところ無事。

今日は全員、なんとか食べれる状態になったので、七草粥をいただきました。空っぽになった胃が大喜び、今年ほど美味しく感じたことはありません。

新年早々家族全員ドミノで倒れていてはいけません。これで今年の病気はおしまい。猫たちは知らぬ振りして今日も快食、快眠。人間専門のウィルスのようでした。皆様もどうぞお気を付けくださいませ。
 


皆でうどんを食べよう(1/4)

正月料理も食べ飽きて、うどんを食べに行きました。萩で一番美味しいと言われているうどん屋さん、駐車場にぎっしりの車、店の中も満席。諦めて帰ろうかと思った時、立ち上がる人(食べ終えて)発見。かろうじて、一番すみっこの席を確保することができたペアソンと私です。

この席がくせものでした。私の肉うどんはさっと運ばれてきましたが、ペアソンの親子どんぶり(小さいうどん付き)は待っても待っても運ばれてきません。のんびりペアソンもさすがに「おそいね、後から入ってきた人たちが食べているのに・・・」と時計を見ながらつぶやき始めました。

お運びのおばさんに声をかけて確認すると、なんと親子丼、すっかり忘れられていました。それからさらに待ってやっと・・・。店内のお客さんの顔はほぼ新しく入れ替わっていました。つぎつぎと切れ目無く、回転速く。店のなかは熱気があふれ、気がつくと冷房のスイッチが入っていました。

日本の経済がこれくらい活気をとりもどしてくれるといいのですが・・・。
うどんは評判どうり大変おいしく、お持ち帰りパック(だし汁つき)も買って帰りました。一月四日はみんながうどんを食べたくなる日でした。 


新年おめでとうございます(1/2)

新しい一年が始まりました。とにもかくにも是からの三百六十三日、平和で、健康で、機嫌よく過ごせますように。私だけでなく、皆様も。

昨年は十二月に入って、身辺いろいろと忙しいことが多発、ペアソン便りを書くエネルギーを失っておりました。今日はじつに一ヶ月ぶりです。心配してくださって、電話で私の無事を確かめて下さった方々、また、我が家まで様子を見に来られた方なども・・・。みなさまのご親切に私のほうがびっくり。有難うございました。

今年はまじめに初詣をいたしました、しかも除夜の鐘が鳴り終わる頃にはすでに神社に着いていましたから、生涯の新記録です。おみくじは中吉、いい出だしです。日本酒を買い忘れていたのを思い出しコンビニに寄り、灘の酒と文春(週刊)を買い、帰ってお風呂に入り、おかきを肴に冷酒をぐい、ぐいと飲んでるうちに午前二時、読みかけの本を思い出し、読みながら居眠り、読み進んだのはほんの半ページだけ。マイペースのスタートです。

世界中がマイナスの渦にどんどん引き込まれて行きつつある今日だからこそ、気持ちだけはプラスの渦高く持ちたいと思います。

秋に植えた蝋梅が開いています。沈丁花もシャクナゲも蕾が少しずつ膨らんできています。パンジーは昨日今日の冷たい雨,雪をものともせずに色彩かに咲いています。 


トムテン(12/3)

12月になりました。クリスマスのイルミネーションとツリーを一年ぶりに取り出して飾りました。時の移るスピードは年々加速を増しています。

スエーデン語でトムテンはサンタクロースのことです。小さなトムテンの人形をこれでもか・・というほどぶら下げてみました。さすがに理沙から「ちょっとやり過ぎじゃない・・・?」と言われてしまいましたが、プレゼントは多いほうがいいのでやはりサンタも一人では足りません。

サンタクロースなんて信じていたのは遠い昔の数年間だけ、でも信じてみたい今年の私です。願い事が山ほどあります。

外は雨、膝の痛みは少しよくなりました。足を少し引きずりますが階段の上がり降りもだいぶ楽になりました。




歩いています(11/27)

ニ、三日前からようやく二本の足で歩けるようになり、母から借りていた杖も家の中のあちこちに置き忘れるようになりました。あまり歩くと鈍い痛みとこわばりがひどくなるので、用心しながら少しずつですが回復しつつあります。

我が家の玄関は二階にあるので、膝の痛みのひどい時は外に出ることをできるだけ控えていましたが、今日は三回降りたり上がったりしてみました。庭では鉢植えのハイビスカスが一つ咲いていて、よく見ると蕾がたくさんありました。摘み取るのを楽しみにしている綿の実はなかなか全部はじけてくれません。今、五個だけです。ムラサキシキブは全ての葉を落として紫色の小さな実が存在を主張しています。

外では雨の音がパラパラ・・・パラと氷のはじける音に変わってきました。少し風も出てきたようです。どうもいけません。やはり夏のほうがいいかも・・・と思ってしまいます。


ハクション(11/17)

スェーデンからの来客を新幹線の駅まで送って帰ってきたペアソン、さっきからクシャミの連続です。九日から今日まで毎日、日課の午睡もせずに従妹夫婦を案内して、スェーデン語を飽きるくらい話したペアソンです。

この何年間か、何があっても続けてきた午睡です、止めるとどうなるか心配です。さすがに今夜は「つかれた」と言って早めに休みましたが九日間の疲れがどっと出て大風邪・・・というような事になりませんように・・・。

私の膝の痛みは今日は少しだけ静かになっています。できるだけ歩かないように、家族のみんなを私の足にしています。 


三分の一(11/15)

治療中の膝の痛みはなくなりません。関節に注射をしてもらいました。「まあ、油を注すようなものです。この注射も三人に一人の割合で効き目が無い人もあります。」気の毒そうな顔をして、でもはっきりと断言した私の主治医です。

三分の一になりませんように・・・うん、うん、大丈夫、そんなはずはない・・と信じていた私でしたが、全く変化なし、痛みは改善されません。

関節というよりも膝のうしろ側やふくらはぎの筋肉、筋、が痛みます。鈍い痛みもシャープな痛みも入れ替わり立ち代り絶え間がありません。痛み止めも気休め。もしかして診断は誤りか・・・・?不謹慎にも主治医を疑っている今日の私です。

ペアソンは従妹夫婦(スエーデンから遊びに来ています)を案内して毎日忙しくしています。今日は秋吉台へでかけました。足が痛くなかったら私も行きたい場所です。ほんとうに残念。 


痛み(11/6)

一週間くらい前から足の痛みに耐えています。左足の膝の後ろ側。じっとしていても痛むようになり、そのうち歩行困難(痛みのため)になり、夜半、痛みに目が覚めることも有り、ついに医者に診てもらいました。

半月版が壊れていることがわかりました。そして膝の内側に水が溜まっているのだそうです。とりあえず3種類の飲み薬で様子をみて、その後注射だそうです。飲み薬のおかげで今少し痛みがやわらいでいます。

痛みが人に与えるストレスは大変なものです。私から気力を奪い去り、しかもイライラと怒りっぽくなっている・・と反省しています。

本日はここまで、調子が好くなったらまた。 


はじけています(10/29)

綿の実がはじけ始めました。今日は二個。白い綿がしっかりと詰まっているのが見えます。全部の実が全部はじけ終えたら摘み取ろうか・・・それともはじける度に一個ずつか・・・。摘み取りたい手をがまんしています。

所用で海岸線を車で走りました。今日の海は穏やかで、やさしい青色をしていました。港には大型の客船が入港していて散歩を楽しむ外国からのお客さんもちらほら見えました。つかの間の、身体に優しい季節です。

プランタンの花を植え替えました。ミニシクラメン、ビオラ、パンジーです。クリスマスの足音が聞こえてきそうな花たちです。 


ふるさと便(10/23)

田舎からマツタケが届きました。松くい虫の害であまり採れなくなったマツタケ山ですが、毎年この時期になると数本が大切に包まれて送られてきます。たいていお吸い物にしていただくのですが今年はマツタケご飯を炊きました。一年に一度の贅沢です。
新米、栗、かぼちゃ・・・と丹精こめられた収穫物はどれもみな大変おいしくて、この平和がこの先ずっと・・・と祈ります。

庭の二個のレモンは一個が落ち、残る一個がレモンサイズに成長しました。でもなぜか枝が折れそうになっているので(猫が犯人か?)テープを包帯のようにまいています。無事に黄色になりますように。

大文字草(ダイモンジソウ)、ツワブキ、が咲きはじめました。フジバカマにはアサギマダラ(台湾へ移動中の渡り蝶です)がきています。昨日は一匹、今日は二匹。 


御神輿(10/20)

今日は荒神様のお祭りです。我が家へも御神輿が入ることになっているので塩や水を用意して待ちました。

この数年、御神輿は軽トラックに運ばれて来ていましたが、今年は人々に担がれて、太鼓の音と共に登場。迎える私達も背筋を正してお迎え。

このお祭りは必ず10月20日に行われます。今年は月曜日でしたから年休をとって参加した人もおられたはずです。何年か前、日曜日に変えてはどうか・・・という意見が出ましたが、「この祭りは昔から20日に決まっちょる」という古老の一言で不動のものとなっています。

何日か前から、夜になると何処からか太鼓の音がしていましたが、どうやら今日のための練習だったようです。気合が入っています。

ミニトマトは枝の先に最後の実を5,6個残しています。赤くなるのを待って1個ずつ口に入れていますが大変甘くてとびっきりの味です。皆に内緒にして一人で楽しんでいます。 


栗まんじゅう(10/16)

やはり涼しくなるものです。今朝は初めて長袖を着ました。雲ひとつ無い青空がいつもより高く感じられます。友人からの栗まんじゅうで熱いお茶を一服。風邪気味の喉にこの熱さが快感。

昨日はイタリア人陶芸家の作品展にペアソンと行って来ました。作品が放つ緊張感を受け止めながら全ての展示作品を観終えると、どっと疲れが出て(広い美術館の全館が彼の作品でした)ソファに座り込んでしまいました。

不覚にも居眠りしてしまった私はペアソンの足音で目が覚め、思わず辺りを見回し、誰にも見られていなかったか確認。,二、三人・・かな・・・まあ仕方がありません。集中して鑑賞すると、エネルギーを消耗します。

栗まんじゅうの程よい甘さが幸せな気分にしてくれます。風邪に用心して今日は休息の日。くろべえはコオロギ捕りがおもしろくて止められません。コオロギの代わりに鶏卵の殻を持ち帰る日もあります。全てはその日の気分次第。 


風に乗って(10/8)

窓全開、満開の金木犀と銀木犀の甘い香りが、風に乗って部屋をめぐっています。昨年末のプロの剪定のおかげで今年はたくさん花が咲きました。百舌(モズ)の鳴き声が時々空気を裂きます。別棟に住む私の母が「マツタケの季節だね」と言っています。

金木犀とマツタケは母の意識の中ではセットされているようで、毎年同じことを言っています。私の金木犀は赤いランドセル。この香りと一緒に小学校の通学路がうかびます。大木の金木犀の下にはオレンジ色の絨毯のように花が落ちていて、両手で集めてランドセルに入れて遊びました。

冬瓜のあんかけ、焼き秋茄子、アジのフライ、トマトのサラダ。季節を食べています。 


今宵はバッハ(10/4)

さすがに10月です。日没が早くなり朝夕はぐんと気温が下がり肌寒く感じられるようになりました。美味しいお酒(ワインでも日本酒でもOK)をほんの少しだけ飲みたくなる季節の到来です。

淳の部屋の地酒(長門峡)を横取りして飲んでいます。音楽はバッハの無伴奏チェロソナタです。これも淳のCD。つまみは干しえび。

深夜に飲んだら体に良くない・・・と私に説教しながら淳も、ペアソンもチビリチビリとやっています。珍しく美味しく飲める夜です。

歯磨きしたのに飲んでしまった・・・と言いながら飲んでいる我が家の人たちです。大人になった子供たちと飲む酒は格別。 


キャンデイ(9/30)

缶入りのキャンデイを持ち歩いています。ヨーロッパ製の美しい容器も大変気に入っていますが何よりも、ほんのちょっと甘いものを口にすると幸せな気分になれるからです。

パンの配達、新聞の集金、回覧板・・・皮肉にも私の口にキャンデイが入っている時に限って玄関に出る羽目になりました。すぐに噛み砕くのはもったいないのでほっぺたを膨らませたままで大変恥ずかしい思いをいたしました。 


上手に弾いて下さい(9/27)

猫のトイレでゴソゴソと音がして、おもわず咳き込んでしまいそうなくらいの、とびっきり臭い匂いが漂ってきました。この最近我が家で暮らしている野良猫さんです。彼は外見に似合わずデリケートな感性の持ち主らしく、下手なピアノを聴くと、「うるさいね、もっと上手くできないのかね・・」というように、しっぽを床に打ち付けます。

今日のモーツアルトの変奏曲は余程ひどかったのか、下痢でした。匂いが広がる前に始末をするのは私の役目です。聴いていられないと思ったら離れればいいのに、なぜかグランドピアノの下に居座っているバカな猫です。

今日は暑がりの私でも涼しく(朝夕は肌寒いくらい)感じました。いつも家の中をパンツ一枚でうろうろしている淳は風邪をひいてしまったようです。珍しく、長ズボンと長袖のシャツを着込んでいます。ペアソンもクシャミをしています。

私はこの気温を待っていました。汗が出ないので快適です、だからお風呂の掃除を入念にいたしました。庭ではフジバカマが咲きはじめています。 


冷えます(9/22)

居間のエアコンが冷えなくなって、水が漏れ始めました。18年前に購入したものですからもう寿命だといわれても仕方がありません。昨日新しいエアコンを入れました。

さすがに新しいとパワーがあります。どんどん冷えていい気持ちです。家族の皆は冷えすぎて寒いと言っていますが、暑がりの私にはちょうどいい具合です。暑さもそろそろ終わりか・・・という頃になるまで我慢して、ばかでした。こんなに快適だったらもっと早く替えるべきでした。

猫が一匹、風邪をひきそうな顔をしています。いちばん年長のおじいさん猫(長年、外暮らしの野良猫でしたが、あまりに体力が落ちた様子なので最近家の中にいれました)です。理沙が心配してクーラーを止めました。

猫と私とどっちが・・・?私は暑い。でも、猫が風邪をひくと獣医さんに連れて行かなくてはなりません。そうすると時間とお金がかかります。うーん、ここはやっぱり私がじっと我慢・・・か。 


田舎から(9/18)

新米ができたと田舎の叔父から電話をもらったので、早速受け取りに行って来ました。焼酎が大好きな彼のためにいつも手土産に買っていくのですが、今回は事故米を警戒してやめにしました。かわりに朝とれたばかりの新鮮なイカをたくさん持って行きました。

叔父の畑からは、ゴボウ、ナス、キュウリ、シシトウ・・・。とれたての野菜の味は格別です。特にシシトウの天ぷらは大人気、あっという間に皆の胃におさまりました。無農薬、有機栽培だと聞くと余計に美味しく感じます。

途中で採ったススキやハギは我が家の玄関に秋の空気を運んできました。ペアソンの花器にうまくおさまったと満足していたら、さっそくネコたちがススキにじゃれて、形をくずしています。手直ししても、またすぐに・・・。まったく、ネコとイタチごっこです。

ペアソンはちょっと(かなり・・?)がんばって今日、窯をあけました。マグカップ、紅茶カップ、陶板・・・などが出ています。 


2日遅れの名月(9/16)

雲ひとつ無い夜空にぽっかりと名月の姿がありました。昼間の残暑をわすれさせるような、静かな月明かりのなかにジンジャの花の香りが微かに漂って来ます。
音も無く、ただ、降り注ぐ光りをあびて、悠久のときの流れを感じておりました。

庭の綿の花は最後のひとつが咲きおわりました。12個の実がふくらんでいます。はじけて綿が出てくるのを楽しみに待っています。 


僕らを乗せて何処へ行く?(9/11)

ひょっこりひょーたんじーま、青い地球の水平線に何かがきっと待っている・・・。平和で幸せな、そして豊かな未来が来るはずだと、疑ったことなど一度もありませんでした。大人はみな信頼できる人々、総理大臣はとっても偉い、と思っていた子供時代。もちろんそれは子供だったから。でも少なくとも絶対の安心感を与えてくれた社会がそこにはありました。

高濃度に汚染された事故米と分かっていて、そ知らぬ顔して食用に転売するなんて、お金儲けのためなら良心をも捨ててしまって本当に信じられないほどの愚か者です。それにしても、汚染米と分かった時点で、なぜ日本政府は生産国に返品しなかったのでしょうか?

食用に出来ない食品など、価値はありません。いろいろと国際政治となると単純ではないということぐらい承知しています。でも日本の農家は生産調整を強いられていて、耕作されなくなった農地がどんどん荒地になっているのに、そのような状況にあっても外国から購入しなければならないお米とは、しかも汚染米。

最近、安くてしかも結構おいしい 「おかき」を喜んで食べていましたが、今後買わないことにします。料理にもお酒は使わないと決めました。どうしても・・の時は少し高くても地酒にします。

テレビのニュースは毎日のようにつらく感じます。世の中がどんどん壊れていくようで怖くさえなります。「日本海沖に自衛隊の戦闘機が墜落したらしいわよ・・」と携帯メールで入った速報を理沙が教えてくれました。「萩の海も日本海よね、でも音がしなかったよね・・」 「バカだね、日本海は広いのよ」

今夜のわたしは珍しくマイナス思考に陥っていましたが、とぼけた質問者に救われました。世界平和と人々の幸せ、もちろん私の幸せも祈って眠ることにします。皆様おやすみなさい。 


バレンシアケーキ(9/7)

どちらが先に思い出すか・・・・。ケーキを賭けて競争しました。親しくしていたカナダ人の知人の名前ですが、私もペアソンも、その人の顔やしぐさははっきりと思い出せるのに、親しく呼んでいた名前はさっぱり出てきません。

早かったのはペアソンでした。約束どおり、いちばん好きなバレンシアケーキを買うはめになりました。私のほうが若いのに、最近どうもいけません。

今朝は油揚げと大根の味噌汁をいただきました。最近はいつもお豆腐の味噌汁だったので味覚の気分転換です。子供の頃の、なつかしい田舎の香りがしました。


ねえ、ねえ・・・(9/3)

朝からの小雨も止み、すっかり涼しくなったので少し気力が戻ってまいりました。クロネコ、銀行、郵便局、・・・と用事を済ませて、さあ図書館へ。

この夏の暑さはたいへん辛く感じました。活字を読む気力も失せて、首に巻いたタオルで汗をぬぐいながら、ただ、夏のおわりを待ちました。だから今日の図書館はひさしぶり。

書架の間に立って本を選ぶ時、まさに至福のときです。まず、お金が掛かりません、あれこれと周囲を気遣う必要もありません。純粋に自分の読みたいものを時間をかけて選ぶことができます。他人に迷惑をかけずにわがままになれる空間です。

書架から本を出したり入れたり、楽しい吟味のその最中、「ねえ、ねえ、」と私の腕をつつく何者かがいました。私の腰の位置に、私を見上げるその顔はありました。「うん?」という私の目をじっと見て、「おかあさんがいないの」とその小さな男の子(3歳ぐらい)が答えました。

1分もしないうちにお母さんは別の書架の間から現れて男の子は私の手を離して駆けていきましたが(よかった、よかった)でもどうして私に?本に囲まれて、とってもいい顔をしていたのでしょうか、その時の私・・・。

君、小さいけど人間をみる目があるね。このオバサンはとってもいい人だと思ったんだよね。気のせいか、君が「秋を運ぶ妖精」にみえたよ。すっかりうれしくなった今日の午後です。


薄紅の綿の花 (8/25)

昨年から大切にしまっておいた綿の種を春にペアソンが蒔きました。大きな(大根でも育つくらい)コンテナに4本づつ、計8本。先日から花が咲き始め、すでに2個は実を付けています。

綿を自分の手で収穫したいという好奇心から始まった種まきでしたので、花には期待していませんでした。ところが、淡いサーモンピンクの薄羽根を広げたような軽やかでエレガントな花が次から次へと開いています。

アメリカ南部に広がる綿花畑にもこの花が開く時期があるはずです。想像するだけでわくわくする美しさです。行ってみたいものです。叶うならば、何千枚もの花弁で身をつつみ、軽やかに月夜の空を舞いたい・・・

ペアソンは窯を開けました。いろいろと出ています。


うそつきカーナビ (8/16)

昨日、今日、お盆休みを利用して萩へ旅行に来られる人たちが普段より多く、我が家へも他県ナンバーの乗用車でのお客さんが三組ありました。二組は事前に電話をいただいたので、「うそつきカーナビ」を信じないで・・・とお教えできたのですが、ナビを信じて来られたもう一台の方はずいぶん苦労されたようでした。

農家の庭先に入り込むような狭い道を案内されて、途中からバック運転で引き返しました・・・・と、みなさま同じことをいわれます。我が家をすでにご存知の方は問題ありませんが、初めておいでになる時はご遠慮いりません、どうぞ電話を御かけくださいませ。いちばん良い道をご案内もうしあげます。

14日は予定どおり田舎のお寺とお墓参りに行きました。川に沿う道を上流へ上流へと走って、まるで生まれた川に帰るサケやアユになった気分でいた私です。谷の水は相変わらず冷たく、澄んでいました。


待っていました (8/13)

緑の水田を波打たせて次から次へとそよ風がやってきます。そうでした、すっかり忘れていました。実はこのあたり一帯、こんなに気持ちのいい風が通る道でした。でも今年の夏、この風に出会うのは初めてです。

鉢植えの花たちに水を遣りながら、頬に、髪に、腕に、ひんやりとした生まれたてのそよ風を感じて、子供の頃の夏休みの朝を一瞬思い出しました。あの頃の地球はもっと穏やかだったような気がします。蚊帳の中には薄い綿入れの布団があって、明け方には首までくるまって眠るほどの涼しさでした。

明日はその田舎へ墓参りに行く予定です。山口県でいちばん涼しいはずだったのにテレビの気象番組では他の町と変わらない高温の日々が続いているようです。
山から流れる谷の水は現在でも冷たいのではないか・・・と楽しみにしています。明日は手を入れて確かめてみましょう。私を育てた水です。


猫も喜んでいます (8/12)

理沙のガラスアクセサリー展が終わりました。お暑い中、お出かけ下さった方々にこの場を借りて御礼申し上げます。有難うございました。あまりにも暑い5日間でした。

この一週間、あわただしくて猫たちに声をかけることもできませんでしたが、今日からまたいつもの毎日がもどってきました。チャトラが喉をゴロゴロ鳴らして傍に寝転がっています。

個展の会場で友人からもらったナスは、キノコと一緒に炊きました。おいしかった。さまざまな差し入れをいただき、ご厚情に深く感謝いたしております。

この最近、暑さでやられてパソコンの前に座るとすぐ眠ってしまっていました。この欄を読んでくださっている皆様、まじめに書きますので引き続きご愛読くださいませ。


ブルーベリー (8/5)

庭のブルーベリーの収穫が終わりました。小さな木ですが、今年は昨年よりも多くの実をつけてくれました。毛虫にもやられましたが見事に実だけはまもりぬき無事食卓にのりました。

理沙のガラスアクセサリー展がもうすぐはじまります。準備は早めに完了の予定でしたが、まだまだすることがたくさんあります。


理沙の作品展 (7/26)

理沙のガラスアクセサリー展が8月7日から(8月11日まで)始まります。先日このペアソンだよりで彼女の作品のことを、美しい、色使いのセンスが抜群、趣い、しかも上品・・・などと親ばかまるだしの文章を書いてしまいました。

ところが、7月22日の「どこに行くの?」を書いたとき操作ミスで消えてしまいました。、暑さでやられて鈍さが増している頭ですから全く使い物になりません。毎日、大小さまざまな間違いのオンパレードです。

そこで再び、ガラスアクセサリー展のお知らせを今日ここに書くことになったという訳です。お暑い中、まことに恐縮ですがどうぞ見てやって下さいますようお願い申し上げます。(トップページに写真とご案内がございます)

次に我が家のミニトマト、次から次へと赤くなり食卓にも上がっていますが、酸味が利いていて、この暑さをのりきるには最適の味。ブルーベリーも毛虫に用心しながら摘み取り、レモンは只今梅干しサイズにまで成長、バジルは摘み取っても再生、植物はみな生命力にあふれています。

だらりと伸びているのは、人間に飼われて野生を失った我が家の猫たち5匹とその飼い主の私たち人間です。


どこへ行くの? (7/22)

大きなペットボトルを持ってペアソンがご近所の空き地を目指して歩いていました。そして側を流れる用水路(田んぼ用)から水を汲み上げてどこかへ姿が消えました。何をしているのか全く見当がつきません。

しばらくして繁みの向こうから姿を現したペアソンの手には、やはりペットボトルがありました。何をしているのか・・・知りたくて戻ってくる彼を窓からずっと眺めていた私です。

「カラスウリに水を遣りに行ったよ」が、答えでした。なんと、昨年の黄色いカラスウリの種を春、あちこちに蒔いて歩いたようです。そしてこの猛暑の中、気になって水遣りをしているのだそうです。

何ともご苦労様です。空き地の持ち主にとっては有難迷惑では・・・とひそかに心配している私です。

もちろん、我が家の垣根、庭、植木鉢、いたる所からカラスウリの葉とツルが伸びつつあります。白いレースのような花は可憐ですが、黄色くて大きなウリが昨年にも増してごろごろとぶら下がっては・・・申し訳ないけど想像したくない光景です。


タクシーではありません (7/3)

一昨日は山口市へバロック(チェンバロ、リュート、チェロ、ヴァイオリン)の演奏会へ出かけました。運転はペアソンでした。少しずつ新しい車に慣れつつあります。

昨日は買い物に行くという母を乗せました。彼女は脈絡の無いおしゃべりをするので、私の気持ちにゆとりが無い時は運転中とても疲れます。慣れるまでは乗せてあげられないのでタクシーを使ってもらっていました。

そろそろ・・・大丈夫だろうと、乗ってもらいました。スムーズに目的地に到着できて母は大満足、私もほっと安心。ところが・・・なんと、ドアを閉めずにサッサと行ってしまいました。窓から呼んでも反応なし、頭の中は買い物のことにスイッチが入れ替わってしまっていました。

混雑していた場所だったので周囲の車に迷惑をかけてしまいました。もちろん、私はシートベルトをはずして車から降りて、走って反対側まで行ってドアを閉めて走って運転席まで戻り、シートベルトをつけて、周囲の人たちに頭を下げながらやっと発進。

私の目的地は市役所と図書館でした。今度はアラームは鳴りませんでした。ちゃんと「本達」にもシートベルトをして行きました。


ペアソンだより      7月号 >>6月号  >>バックナンバー               
 
Copyright(c)2005-2006. 南明寺窯. All Rights Reserved